脱毛クリニックの医療脱毛について

  • 脱毛クリニックとは何か

    • クリニックとは、病院を意味する言葉ですが、脱毛クリニックとはどのような病院でしょうか。


      まず、脱毛はサロンで多く行われているので、エステだと思っている人がいますが、本来は医療行為です。そもそも、毛を生えてこなくさせるというのは、毛根に対して何らかのアプローチをしなければいけません。

      体に危害を加えずに、脱毛効果だけを得るというのは、毛だけでなく、皮膚や細胞、毛の生える仕組みまでしっかりとした医療知識を持ったスタッフに行ってもらう必要があります。
      脱毛クリニックは、医師や看護師といった医療の国家資格を持ったスタッフが働いています。
      サロンには医療の資格を持つスタッフがいることはほとんどありません。

      きちんとした知識があるので、個人の状態に合わせた脱毛が可能です。



      同じ人でも、部位によって毛の状態は異なり、日によっても変わっていきます。

      その時々に合わせて脱毛することで、お肌へのダメージを最小限に抑えて、最大限の脱毛をすることができます。一般的な内科などでは脱毛を扱っているところはごく少数です。



      皮膚科や美容外科などでも扱っていますが、脱毛クリニックは専門に脱毛を行うことで、より深い知識と高い技術力を持っています。

      毛はいつも生え変わっているので、状態に合わせて、脱毛を進めていくことで、効率の良い脱毛ができます。

      サロンでは、完全な脱毛行為ができないため、施術したのに後から毛が生えてくるという問題がありますが、脱毛クリニックではありません。

      乾燥肌について悩んでいるなら、日常生活の過ごし方を見直すことが大切です。


      なぜなら、日頃の習慣が乾燥肌の原因となっているからです。


      まず、室内の空気に注意しましょう。



      湿度が低いと、肌に悪影響を与えるからです。



      加湿器を設置することはもちろん、洗濯機を室内に干す方法も有効です。


      特に、空気が乾燥する秋から冬にかけて注意しましょう。



      さらに、水分を摂取する時は、ハーブティーや焙じ茶など、温かいノンカフェインの飲み物がおすすめです。

      保温効果が高まりますので、冷え性の改善に効果的です。
      冷え性を放置したままにしていると、血行が滞って乾燥肌になりやすいからです。

      さらに、カフェインには利尿作用がありますので、トイレに頻繁に行くようになります。



      せっかく補給した水分も失われてしまいますから、カフェインの過剰摂取には注意が必要です。
      また、乾燥肌の改善に最適なメニューとして、鍋料理が挙げられています。



      肉や魚、野菜をたっぷり入れることによって、タンパク質とビタミンをたっぷり補給することができます。


      肌の潤いを保つために必要な栄養素ですから、空気が乾燥する季節には、鍋料理を食卓に並べるようにしましょう。



      さらに、豆乳を入れた鍋料理なら、イソフラボンを摂取することができますのでおすすめです。
      イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしますから、美肌に欠かせない要素として重宝されています。
      乾燥肌を防ぎたいなら、豆乳入りの鍋料理が効果的です。

  • 関連リンク