脱毛クリニックの医療脱毛について

  • コンシーラーを使い分けて綺麗な肌に

    • コンシーラーは、隈・ニキビ・シミ等の肌トラブルを隠すことが出来るメイクアイテムです。ファンデーションで隠そうとすると厚塗りになってしまったり、メイクがよれやすくなる原因にもなります。


      そこで、部分的にカバーをすることで、厚塗り感のないナチュラルな仕上がりになるんです。
      コンシーラーは、使っているファンデーションの種類によって、塗る順番が変わります。



      パウダーの場合は、先にコンシーラーを塗ります。


      パウダーの後に塗ると折角塗ったパウダーがよれてしまうためです。
      リキッド・クリームの場合はファンデーションを塗った後です。

      上からリキッドやクリームを塗ることで擦れるので、取れてしまう可能性があります。



      コンシーラーには、柔らかさの違いもあります。


      硬めである程、カバー力もあるんです。

      柔らかいテクスチャのものは、目や口の周り等の良く動く箇所に適しています。
      硬めのテクスチャのものは、動きが比較的に少ない頬等に使います。適した箇所に塗ることで、よれて崩れてしまうことを防ぎます。

      コンシーラーを塗るときのポイントは、しっかりとぼかして馴染ませることです。



      色が浮いていないか、違和感はないかを確認しましょう。一気に塗ると厚塗りになってしまったり、崩れやすくなってしまうので注意が必要です。

      手の甲に取って、指やブラシ等で少量ずつ塗っていきましょう。



      擦るのではなく、ポンポンと叩いてしっかりとフィットさせます。


      これらの手間をかけることで崩れにくく、トラブルのカバーされた綺麗な肌をつくることが出来ます。



      コンシーラーとは顔の気になる毛穴やシミなど、ファンデーションで隠しきれない肌トラブルをカバーし、きれいな肌を演出してくれる優秀なアイテムになります。



      コンシーラーには固形状や液状などの種類があり、仕上がりやカバー力が変わってきます。

      また色味のカバーをしたいときは、肌悩みの色の反対色を選ぶとうまくカバー出来ます。

      その正しい使い方として、基本的に液状のものからつけて粉状のものを重ねていくときれいに仕上がります。


      リキッド、クリームファンデーションの場合は、下地をつけてファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーの順番になります。パウダーファンデーションの場合は、下地のあとコンシーラーをつけて、こすらないようにパウダーファンデーションを塗って行きます。目元のクマを隠す場合、目元は皮膚が薄いので硬めの質感より伸びが良いリキッドタイプのものを選び、茶色っぽく見えるクマにはイエロー系かベージュ系、青っぽく見えるクマにはオレンジ系を使うと自然にカバー出来ます。



      濃いシミやソバカスは、ペンシルやステックタイプのカバー力の高い硬い質感の方が、しっかりピンポイントでカバー出来ます。
      薄いシミやソバカスは、カバーしたい範囲が広いのでリキッドやクリームなど柔らかい質感のタイプが馴染みます。

      いつも使っているファンデーションより少し暗めの色を選びます。



      ニキビ跡の赤みはグリーン系が良いですが、赤味が強くなければ自分の肌よりやや明るめのベージュ系で十分カバー出来ます。

  • 関連リンク