脱毛クリニックの医療脱毛について

  • コンシーラーでなりたい肌を作る

    • ニキビやニキビ跡、シミにクマ、ほうれい線など肌で隠したい部分は人それぞれです。鏡を見る度「この肌トラブルさえ無かったら・・」と、ため息をついた事のある方も多いでしょう。
      肌の悩みは様々ですが、メイクによってなりたい肌を作る事は可能です。
      気になる部分をカバーし、目立たなくする為、コンシーラーを使ったベースメイクを行ってみましょう。

      コンシーラーにはテクスチャーやタイプが色々とあり、肌の悩みに合ったタイプを使う事で、理想の肌へと近づけます。ニキビやニキビ跡、シミといった肌トラブルが気になるという場合、ステックタイプや練りタイプがおすすめです。
      これらのタイプは少しテクスチャーが重めとなりますが、カバー力に優れている点が特徴です。
      軽く塗るだけで気に名rトラブルを隠せます。

      ただ、厚塗りしてしまうと余計にニキビやニキビ跡、シミは目立ってしまいがちです。

      ですので、コンシーラーはあくまで軽く塗り、その上からパウダーで抑えるようにメイクしましょう。

      こうする事によって、化粧崩れも軽減でき一石二鳥です。クマやほうれい線が気になるという方は、クリームやリキッドタイプがおすすめです。
      これらのタイプは伸びが良く、よく皮膚が動く目の下や口周りに使用しても崩れにくくなっています。

      また、微細なパールが配合されている商品も多く、光を集め自然にクマやほうれい線を目立たなくしてくれます。


      憧れの美肌を作る為、コンシーラーのタイプを考慮してメイクを行ってみましょう。シミやそばかす、ニキビやニキビ跡、あるいは目の下のクマなど、気になる部分を隠してくれるのがコンシーラーです。

      ファンデーションで隠そうとすると厚塗りになってしまい、余計に浮いて見えてしまいそうな部分を自然にカバーします。
      口角や小鼻周りなどもひと塗りで明るい肌色に変えてくれます。
      ペンシルやスティック、パレットタイプなど固めのもの、リキッドやクリームなどやわらかめのものなどいろいろなタイプがあり、隠したい箇所の大きさや濃さによって使い分けます。

      目の下のクマや薄いシミなど、範囲が広い場合はリキッドなど緩めのものを肌に乗せ、手やスポンジなどでなじませます。濃いシミの場合はペンシルのような固くてカバー力の強いものを使いましょう。

      コンシーラーの色選びは、隠したい部分がシミなど茶色の場合は自分の肌色よりやや暗めにしたほうがカバーできます。


      血行不良や寝不足による青クマにはイエロー系、目の下のクマやニキビ跡の赤みなどの場合は、自分の肌色よりやや明るめのものを選ぶようにします。
      どの色を選んだらいいかわからないときは販売員さんに相談してもいいですね。

      複数色がパレットに入っているものは、使う箇所によって混ぜて使うことができるので自分で微調整できます。
      コンシーラーはうまく使えば薄づきなのに気になる肌悩みを一挙に解決してくれる心強い味方です。

      どう使えばいいかわからないという食わず嫌いの人は、ぜひ使いこなしてみてください。

















  • 関連リンク